真性包茎の施術内容によって料金は違うのか

真性包茎は低料金の保険適用が認められることも

真性包茎はそのままでは衛生的に問題があり、感染症にかかりやすくなってしまいますし、性行為なども満足に行えないなどの支障がありますので、仮性の場合などとは違って公的な健康保険の適用が認められる場合があります。
もしも健康保険の適用があれば、一般には本人の窓口負担は3割ですし、もともと総額の治療費も国の診療報酬制度により安くなっていますので、経済的な負担はかなり少なくて済むはずです。
ただし保険適用が認められる範囲は限られており、術式としては背面切開術や環状切除術といったものが該当しています。
これらは基本的に先端部を露出させるという機能的な面で最低限の処置をほどこすものと考えるのがよく、かならずしも仕上がりのイメージが患者本人が思っているものとは合致しないおそれがあります。
特に環状切除術などは真性包茎に対応した術式としては昔からスタンダードなものですが、傷口が目立ってしまってかえって本人の心理的なコンプレックスを助長することもないとはいえません。

施術内容によって違う真性包茎手術の料金

真性包茎の場合には低料金な保険適用の手術が認められるとはいっても、術式が限定されている上に仕上がりの満足度も低いといった実情があります。
そこであえて健康保険を適用せずに、クリニックとの契約にもとづく自由診療で真性包茎の手術をするケースも多くなっています。
自由診療の場合には料金は各クリニックが自由に決めていますので、なかなか料金の目安がつかめませんが、基本的にはどのような施術内容になっているのかに応じて料金が決まると考えてもよいでしょう。
さきの環状切除術のような旧来の術式が自由診療で行われることは少なく、亀頭直下埋没法のように手術の傷口が目立たず、包皮の具合も自然な感覚なものが主流となっています。
このように見た目にも配慮した施術内容であれば、当然ですが料金のほうにも医師の手間にあたる部分が反映されているといってよく、保険診療よりも高額になってしまうことはやむを得ない理由があるといえます。

まとめ

真性包茎の場合には公的な健康保険の適用がありますので、料金の安さを追求したいのであれば、このような保険診療を取り扱っているクリニックに相談するのがもっともよい方法です。
しかし保険診療の場合には術式が限られており、手術後の見た目にはあまり配慮してくれません。
自由診療の場合は明確な料金の基準がありませんが、基本的には施術内容によって料金の違いが生じると考えてもよいでしょう。
保険診療とは異なる、見た目にも配慮した最新の術式を提供してくれるため、これが料金にも反映されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です