真性包茎は一度手術を受ければその後は料金は発生しないのか

基本的には手術が完了して以降の料金は必要ない

真性包茎治療では、メスやハサミを用いた手術を行います。
具体的な内容は病院やクリニックごとに異なり、亀頭を覆っている包皮に切れ込みを入れる形で、スペースを作って亀頭を剥き出しにできるようにしたり、邪魔な包皮を物理的に取り除いてしまったりするなどの方法があります。
ただいずれも一度完了させてしまえば、それ以降何らかの施術を継続させなければならないということはありません。
もちろん料金もそれ以降発生しないです。

手術後には切除した部分の縫合や、状態を確認をするための通院が必要になることがあります。
けれど基本的にはそれが最後で、検査料や抜糸の料金を支払えば、それ以降は病院やクリニックにお世話になることがない場合も珍しくないです。
施術を継続させないからといって真性包茎の状態に戻ってしまうということはありません。
そもそも物理的に組織を切り取ったり、開いた状態で固定しているため、真性包茎状態に戻すこと自体不可能です。

やり直しをする例外もある

真性包茎の治療は基本的に、一度手術が完了すればそれ以降の料金は発生しません。
しかし中には、手術のやり直しをするパターンという例外があります。
確かな腕を持った病院やクリニックで真性包茎の手術を受けたのであれば、特に問題のない仕上がりになるはずです。
けれど病院やクリニックには、技術も経験も不十分だというところがあります。
そういったところだと、手術後に突っ張るような感じになったり、炎症を起こしたりする恐れがあります。

また包皮を切除するのではなくメスを入れて開き、真性包茎でなくした場合、仮性包茎のような状態になりかねません。
そんな問題を解消するために再手術が必要となれば、料金が発生するかもしれません。

病院やクリニックの中には、保証を設けているところもあります。
けれど一度失敗したところでは再手術を受けたくないという人も多いはずです。
そうして別のところで再手術をするのであれば、改めて料金が発生します。

まとめ

真性包茎の手術は身体の表面的な部分のことなので、作業自体は1時間程度で完了する場合がほとんどです。
そしてきちんと手術が完了すれば、男性器の状態は安定するため、それ以降何かをする必要はありません。
通院する必要がなくなるので、当然料金も発生しないです。
しかし場合によっては、再手術が必要となり、料金が発生することになるかもしれません。
そのようなことにならないよう、治療を受ける病院やクリニックは慎重に選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です